四十肩の原因と五十肩の関節 - 整体 治療 大阪

肩の痛みはどこからくるのか?原因と治療を考察



五十肩・四十肩
対策

症状対策 - 生活

四十肩とか五十肩など耳にしますが、この定義をなんとするのかはあまりはっきりしていません。40才代になるから四十肩、50才代になるから五十肩というのでしょうが、その歳になったからといって必ずなるものでもありません。

反対に30才代で発症する人もいるようです。ある日突然発症すると思われていますが、手が少ししびれるなどが前兆とも言えるようです。肩こりとの違いは五十肩は関節痛だという点です。肩は広範囲に動く関節なので、その周りには筋肉・腱・関節が複雑に並んでいます。肩こりが筋肉の疲労ならば、五十肩は肩を構成している組織の炎症なのです。

五十肩は正式には「肩関節周囲炎」というそうです。年を重ねるごとに関節がスムーズに動かなくなるのは肩だけではありません。最近では関節痛を予防、緩和するためのサプリメントが出回っています。それらをうまく利用することも五十肩の予防にはなるかもしれません。しかし、一度五十肩になってしまった場合は、治療に気をつけないといけません。

五十肩の症状は始めに激しい痛みが2週間から長くて2ヶ月続きます。この時期を急性期と言い、安静にしていなくてはなりません。炎症が起こっている時期ですから、アイスパックや湿布などで冷やすと良いでしょう。その後2ヶ月から4ヶ月は慢性期と言い、動かすと痛むくらいの症状です。このころ無理をして肩を動かしてしまうと治りが遅くなります。

また冷やすのではなく、温める方が良いようです。そして3ヶ月から6ヶ月間の回復期がきます。この時期には適切な運動が必要になります。痛みがなくなるので十分な回復を待たないまま運動してしまいがちですが、ここが重要なポイントです。回復期に間違えた治療をしてしまうと、後遺症として肩が固まってしまいます。


症状の原因と治療耳鳴りと病気 症状めまい対策  治療めまいの治療
四十肩と肩関節 腱鞘炎の針治療 農家の腰痛事情 子供の頭痛
耳鳴り改善エクササイズ
Copyright© 四十肩の原因と五十肩の関節 - 整体 治療 大阪. All rights reserved.