耳鳴りは耳の器官の以上から引き起こされるばかりではない

耳鳴りの音はどこからくるのか?原因と治療を考察



耳鳴り めまい
対策

症状対策 - 生活

耳鳴りを感じる患者の多くは、難聴の傾向にあるといわれています。これは難聴性耳鳴りと呼ばれています。それとは逆に無難聴聴性耳鳴とは、難聴の症状がないにも関わらず耳鳴りを感じる事がある症状を言います。

実際耳鳴りを感じる患者のおよそ1割から2割の人達が、耳鳴りがあるからと聴力検査をした結果難聴ではないという報告結果があります。

しかし一般的な難聴検査ではなく、もっと高い周波数や細かい周波数による検査をする事で難聴と診断される事もあるのです。

耳鳴りの症状が3ヶ月〜6ヶ月以内のものを急性耳鳴りと呼び、6ヶ月以上経過した耳鳴りと慢性耳鳴りと呼びます。特に海外では難聴の症状を慢性及び急性と分類しているところが多くあります。

急性耳鳴りの場合はその原因を考慮し治療する事を目的としますが、慢性耳鳴りの場合は耳鳴りの症状や苦痛を和らげる事を目的としています。

慢性耳鳴りの場合、完治は難しいと言われています。

耳鳴りに限らずめまいや難聴などの症状は慢性化します。そうなると耳鳴りを感じる事でよりストレスを感じ、更に他の耳鳴りを誘発する事となるのです。

よって耳鳴りやめまい対策には、この悪循環なサイクルを断ち切らなければなりません。


症状の原因と治療耳鳴りと病気 症状めまい対策  治療めまいの治療
四十肩と肩関節 腱鞘炎の針治療 農家の腰痛事情 子供の頭痛
耳鳴り改善エクササイズ
Copyright© 耳の器官による異常な耳鳴り. All rights reserved.